クリエイト

RecRoomGalleryに自分の作品を展示する方法

2020年12月3日

RecRoomGalleryはRecRoomの公式が運営している、毎週様々なクリエイターが作った作品が展示されるギャラリーです。

ギャラリーは毎週更新されていて、クオリティの高い作品を見ることができるのが特徴です。RecRoomでこんなものまで作れるの!?と思えるような素晴らしい作品が沢山あり、自分の作品のアイデアにも活かすことが出来るでしょう。

過去の展示もすべて見ることが出来るようになっているので興味のある方は是非見てみてください。

部屋名:^RecRoomGallery

自分の作品も展示してみたい

「自分の作品も展示していろんな人に見てもらいたい」と思う方もいると思いますので、ギャラリーに自分の作品を掲載する方法を解説します。

ざっくりとした手順は

  1. 応募作品を制作
  2. Discordで応募
  3. 運営が展示する作品を選定
  4. Discordで発表される
  5. ギャラリーに展示

となります。

まず、先に運営が記載しているルールを確認しておきます。

Rec Room Gallery rules: You can only submit up to 7% work. The same artist cannot be shown twice in a row but every other week is fine. While putting your work in the gallery feel free to change the stand and walls however you please as long it does not take up to much space or interfere with other works in the gallery. Works that you would like to show have to be yours only. Please do not touch or save other peoples work without their permission

Discord - #recrrom-gallery-rules

以下、翻訳です。

レックルームギャラリーのルールです。応募できる作品は7%までです。同じ作家の作品を2回連続で展示することはできませんが、隔週でも構いません。作品を展示する際には、スペースを取らず、他の作品の邪魔にならない範囲で、スタンドや壁を自由に変更してください。展示する作品は自分のものに限ります。許可なく他人の作品に触れたり、保存したりすることはご遠慮ください。

Discord - #recrrom-gallery-rules(DeepLによる翻訳)

では、上記を踏まえたうえで、実際に採用された際の手順を元に解説します。

1. 制作

まずは、展示したい作品を作りましょう。

展示物は以下の条件を満たしておけばオブジェクトでもいいですし、キャンパスに書いた絵などでもOKです。

  1. 自分の作品であること
  2. インク量が7%以下

どのような作品が適しているかは過去のギャラリーの作品を見てみることをお勧めします。

今回は12月ということでサンタクロースのネオンサインを作成してみました。

2. 作品の写真を運営に投稿

作品が完成したら、カメラで写真を撮影しましょう。撮影した写真を、MakerPen ClassのDiscordの#RecRoomGalleryチャンネルに投稿します。

リンク:MakerPen Class Discord

チャンネルに投稿する際に、インク量も必ず一緒に記載してください。投稿例は以下のような感じです。どんな作品か詳細をもっと書いてもいいでしょう。

3. 運営が展示する作品を選定

投稿された写真を元に、展示する作品が決定されます。決定の基準や選定の期間などは公表されてないため不明ですが、できるだけ多くの作品を展示しようと選んでくれているようです。

4. 選ばれるとDiscordで発表される

作品選定が完了すると、Discordの#RecRoomGalleryチャンネルにて発表されます。選ばれると、自分で作品をギャラリーに展示しに行く必要があります。

選ばれた人にリプライが届きますので確認してください。

設置するためにギャラリーへ行くにはRecRoom内で運営さんにメッセージを送る必要があります。

メッセージを送る際に合言葉が必要となります。Discordのメンションに書かれているので確認しておきましょう。

Discordで発表されるのは日本時間の木曜日の朝8時前後で、発表された直後から展示しに行くことが可能です。いつまでに展示しないといけないかなどは不明ですが、8時~9時の間くらいで行くようにするといいと思います。時間的に自分で行くのが難しい場合は運営さんにお願いすれば置いてくれるかもしれません。(この辺りは不明ですので確認してみてください)

5. ギャラリーに展示しに行く

RecRoom内で、運営さん(今回はTrunks)にDMを送ります。フレンドになっていない場合は、先にフレンド申請を送りましょう。TrunksのRecRoomのIDは@s_trunksです

Trunksに先ほどDiscordで確認した合言葉をDMで送ります。するとTrunksからギャラリーに招待が来ます。

ギャラリーに行くとメーカーペンの利用が許可されます。私はよくわからなかったのでTrunksの周りをうろうろしたら権限を付与してもらえました。そして自分の展示物(※あらかじめインベンションしておくこと!)を出して待ってたら、Trunksから「ここに置いてくれ」的なことを言われたのでそこに展示物をおいて完了です。

展示する際の大きさなどはある程度自分で調整できますし、ダメなら運営側で勝手に調整してくれるのでそこは任せても良いでしょう。Trunksがライトの調整などしてくれました。

もちろん運営さんとの会話は英語ですが、Thank youくらいしか言わなかったので英語が話せなくても大丈夫だと思います。

展示の際には、自分でレイアウトなど決めることが出来ます。また、クリエイターのボタンやインベンションのボタンなども任意で置くことが出来ます。

自分のプロフィールのボタンを設置しておけば、Subscriberも増えかもしれません!

最初の注意点にも書いていましたが、ほかの人の作品に触れたり、勝手に消してしまったりしないように注意しましょう。

展示した様子。プロフィールボタンを一緒に置いてみました

誰にでもチャンスはある

以上がRecRoomギャラリーに自分の作品を展示する手順になります。

特に参加資格はなく、運営に気に入られれば採用される可能性は誰にでもあります。(私でも採用されたので・・・)

モノ作りのモチベーションアップのためにも、よい作品が出来たら応募してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

-クリエイト

© 2021 RecRoomガイド